抗原・抗体検査とは?

数値化された『抗原』『抗体』検査(定量検査)が、
皆さまを安⼼できる普段の⽣活へと導きます!

抗体管理の重要性 
PCR、抗原、抗体検査の違い

感染を防ぐために、いち早く新型コロナウイルスが体の中にいることを見つけてくれるのが、PCR検査抗原検査です。
その為には、何の症状もない普段の生活の中で、PCR検査や抗原検査を定期的に受けるということが前提になります。

PCR検査は、精度が高く、公的に認められた機関による検査では診断に利用できますが、 検査結果が出るまでに時間を要します。

同様に、抗原検査も診断に利用できるといわれていますが、PCR検査よりも精度が劣ると考えられています。
また、検査結果が出るまでの時間がPCR検査に比べ非常に短い特徴があります。

抗体検査は過去にウイルスに感染していたかどうか、また、ワクチン接種で体内に作られた抗体の存在も測定できると考えられています。
したがって、感染症の陽性陰性のような診断目的には利用しません。

抗原・抗体検査センター

感染の早期発見に役立つ『抗原検査』と、ウイルスの侵入から身体を守ってくれると考えられている抗体の増減を数値化し、
タイムリーに自己管理することができる『抗体検査』の両方を行うことができます。

無症状の感染歴を見つけたり、感染後の抗体量の増減やワクチン接種による体内の抗体量の推移を数値によって自己管理することで、
安心して社会生活をお過ごしいただけるようサポート致します。

注意
本検査結果は診断ではございません。また、病気の診断や健康診断が目的ではありません。
抗原・抗体検査センターが定める基準値を超えた場合、各エリアの新型コロナウイルス発熱相談センター等に
ご相談をお願いいたします。